薬を飲んでいる女性

緊急避妊薬はモーニングアフターピルとも呼び、通常のピルとは服用方法が異なっています。緊急避妊薬の場合、性交をした後から72時間以内に薬を服用しなくてはならず、72時間以内とはいえできるだけ早くに服用をしたほうが避妊できる確率が高くなります。

緊急避妊薬の服用方法にはノルレボ法とヤッペ法があります。どちらも72時間以内にできるだけ早く服用することが大切ですが、ヤッペ法はさらに12時間後にもう一度薬を服用しなくてはなりません。日本で昔に行われていたヤッペ法で使用するピルは高用量や中用量のものであり、体に負担がかかり吐き気などが起こりやすい特徴があります。そのため日本では2011年にノルレボ法というレボノルゲストレルを使用した方法を取り入れることが多くなりました。

緊急避妊薬を服用した場合、100%避妊効果があるわけではありませんが、できるだけ早くに服用することで、ノルレボ法の場合80%以上の確率で避妊することができます。できるだけ早く服用したほうが良いのですが、緊急避妊薬の場合、あらかじめ処方してもらうことはできず、避妊に失敗した、性暴力にあったとなってから受診をし処方をしてもらえるようになります。場合によっては連休が重なり受診できないまま72時間を超えてしまい、不安になってしまうことがあるかもしれません。このようなことを防ぐには低用量ピルを継続して服用をする、個人輸入で緊急避妊薬を購入しておくといった方法をとるようになります。

ですがピルの中には緊急避妊薬として使用できるものがあります。ヤッペ法で用いられていたプラノバールが該当します。プラノバールは中用量ピルであり性交後72時間以内に2錠、さらにその12時間後に2錠服用するようになっており、3日以内に服用することで約80%の確率で避妊効果を得ることができます。プラノバールも子宮内膜症や避妊目的で服用するピルであり、通常の場合は1日1錠を服用していくようになりますが、緊急避妊薬として服用する時は、短時間の間に4錠も服用しなくてはなりません。そのため副作用が強く出てしまうことが多いです。

また、ノルレボ法で使用するレボノルゲストレルは、トリキュラーなどの低用量ピルにも含まれている黄体ホルモンではありますが、量が違うためトリキュラーを服用しても緊急に避妊することは大変難しいです。緊急避妊薬としては向いていない薬であるので目的を確認して使用するようにしてください。